無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

無職生活始まりました。

f:id:yukiminote63:20160819224713j:plain

無職一日目~二日目

 

 

えー皆様お久しぶりでございます。私このたび

 

めでたく、

 

めでたく! 

 

無職になりました。

 

いやあ、とうとうですよ。とうとう! くだらなくて無駄に溢れた人間の墓場である会社を辞めました! 辞めたい辞めたいと思って数ヶ月、とうとう願いが叶った私がそのお布団に入って思ったこと。

 

それはね?

 

(……あれ、私やばくね?)

 

これでした。

 

 

えっとー、社会保険とかどうしたらいいんだ? 新入社員で会社を辞めたわけだから失業手当? は出ないし。ていうか住む場所とかどうすんの……だってまさかこんなに一瞬で決まるとは思ってなかったし、なんかこうもうちょっと段階踏む的な何かがあると思ってたし、あれ? ん? あ、そうだ。こんなことしてる間も時間は減っていくんだ。ぼーっとしててお金が入ってくる生活は終わったんだ。

 

やばいやばいやばいやばい

 

そして寝られなくなった私は何かしなきゃ何かしなきゃと飛び起きて絵を描いたり変な踊りを踊ったり。

 

今はとりあえず漫画喫茶に泊まっています。ちょうど明日から帰省の友人がいたのでしばらくはそのおうちに入れ違いで置いてもらうことに。でもそれもタダじゃない。お金は減る。生きてるだけでお金は減る。

 

今は無職二日目。リアルに死ぬかもしれないという恐怖と戦っています。

 

会社を辞めたことを後悔している?

 

それはまだわかりません。だって、あのときは本当に会社を辞めたかったし、辞めなければこんな感情も生まれなかったというか、気づかなかったもの。

 

とにかく私はまだ生きています。誰に需要があるかはわかりませんが、ブログは更新していきます。明日からはネットもきちんと使えるのでちゃんと書けるぜいぇーい!

 

今までみたいに実用的なことを書くかどうかは未定ですが、こんな無職の生活を書いていきますのでどうぞ今後もよろしくお願いいたします。