無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

無職生活七日目~ライターとして高単価のお仕事が来る~

f:id:yukiminote63:20160824182620j:plain

クラウドソーシングで結構いい時給のお仕事をもらう

皆様こんにちは、絶賛無職の日和見きなこ。と言いたいところなんですが、なんかそろそろこれ無職ってタイトルでいいんだろうか? と思い始めてきました。

 

というのも、昨日書きましたクラウドソーシングで来た結構いい単価のお仕事の依頼が、もっといい単価になってしかも継続的にもらえることになったからです。現在1500文字くらい書いて900円もらえるんですが、もうちょっと書く記事数を増やすと一記事当たり1000円超えます。大体私はその記事を一本40分くらいで仕上げるので、時給にすると……えっと……ま、まあ大体1300円とかよきっと!

 

どうやって依頼をもらったの?

私の場合はあるタスクというその場で書いてその場で納品。という作業をやったことがきっかけでした。その内容を見た担当者さんがメッセージを飛ばしてくれて、

 

内容がなかなかよかったのでこっちのお仕事もやってくれませんか? 今なら報酬ちょっと高めでお願いできます

 

と来たわけです。ちなみにこのときはまだ、個人への依頼とかではありませんでした。(ここまでが昨日の出来事)。ですがその時点で他と比べればなかなか高単価なお仕事でしたので「やります!」と返事を返して速攻書きました。

 

金じゃ金じゃあああ。

 

まあ、そのカテゴリ自体は不慣れだったので、最初は調べながら今の倍くらいの時間をかけてやっていたんですが、知識が入ってくれば筆も早くなります。それで、一日に5本6本と書いたあたりで、先ほどの担当の方が

 

早いし内容もいいので、もう少し上の単価で仕事継続的にやってもらえませんか? たくさん書いてくれればその分のボーナスも出します

 

という感じでお声をかけてくれたのでした。

 

また初めて一週間なのにこれはなかなか幸先良いのではないでしょうか。

 

一日3000円を稼ぐことを目標にしていましたが、今は5000円近くになってます。とはいってもランサーズの手数料で20%引かれるので、実際に入ってくるお金を考えるとうーんという感じですが。

 

まあ、そんなことは後から考えればいいですね。とりあえず今は順調です!

 

会社を辞めて一週間

ピカピカの新入社員一年生だったのにいつの間にか会社を辞めて、無職になってこうして一週間が経ちました。毎日自分で仕事の量を決められる。生活もなんとかなりそう。あとはきちんと安定した家さえあれば(今は友人の家に居候)

 

私の書いた記事を読んでくれている人は、なんだこんな簡単にライターになれるなら無職になった方が楽じゃん。って思うかもしれませんけど、そんなことないとないからね? マジで。

 

私はただ文章を書いたりするのが苦にならないというだけだから、こんなにあっけらかんとしてますが、実際はずーーーーーっとパソコンに向かってますよ?

 

今日も朝八時とかから仕事初めて今午後六時、途中にお昼行ったりごろーんとして休憩したりはしましたが、まあ二時間は休んでないと思うなあ。

 

会社にいる人は早ければ五時ちょっとで仕事が終わりますけど、私の場合はまだまだこれからです。実働時間で時給換算したらブラック企業もいいとこです。

 

でも、人に気をつかわなくていいし、普通にしてれば文句も言われないし、文章書くのは苦にならないし。会社辞めてよかったなってやっぱりちょっと思ってます。

 

私はね!

 

何度も言ってるけど普通に会社で生きていける人は会社をやめたらダメだからね!

 

明日も生きていけるといいなあと思う日和見きなこでした。あ、なんか星とかくれている人ありがとうございます。メッセージの送り方とかよくわからないので、ここでお礼。いつもちょっと喜んでます。