無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

クラウドワークスとランサーズの違い。仕事のしやすさ、手数料

f:id:yukiminote63:20160727072903j:plain

 

さて、私は以前にもランサーズとクラウドワークスの違いについてこのブログで書いています。

最初はランサーズのほうがいいぜ! 見やすいからな!

でも次第にランサーズは手数料取りすぎじゃ! クラウドワークスでタスクをやるんじゃ!

という結論に落ち着いてました。

 

んで、今回は……やっぱりどっちもどっちだなあ……。という結論に至ったので、もう一回ランサーズとクラウドワークスの違いについて書きたいと思います。

 

ランサーズは手数料が高い!

まずおさらいですがランサーズ、とにかく手数料が高いです。普通のタスクに対しても手数料を20%取られるので、1000円の仕事をしても800円にしかならない。これって結構大きいんですよね。しかもシステム的には一回1000円分もらって後から200円取られたことになっている。

 

私税金とかよくわからないんだけど、これって800円しかもらってないのに1000円分の税金取られるんじゃないの? いや、控除にはなるんだろうけど……。そういえば源泉徴収の10%は手数料取られた分から10%引かれるの? それとも取られる前の金額から?

 

などなど、正直わからないことがまだまだある。

 

一方クラウドワークスはと言うと?

クラウドワークスはタスク型の作業に対しては手数料を取らない。だから1000円の仕事をしたら1000円が丸々入ってくる。とっても嬉しい! ややこしいこともないし最高やん!

 

で、そこで疑問が出てくるわけです。

 

なぜクラウドワークスに人が流れないのか?

 

普通に考えたらランサーズのほうが手数料かかるし、私のようなタスク型の仕事で稼いでいる人間はどう考えてもクラウドワークスに流れるはずだよなあ? と思うのですが、実際にはランサーズは手数料を据え置きで続けている。

 

何故?

 

私の見る限りそれは、ランサーズのほうが圧倒的に仕事がしやすいから

 

手数料のことを知る前まで私は、ランサーズのほうがレイアウトが好き。と漠然としたことを言っていたのだけれども理由はまさにそれだった。

 

つまり、クラウドワークスは使いにくいのだ

 

例えばタスク型の作業で多いのが「これこれに関する記事を書いてください」というやつ。ランサーズだったらそのまま作業を開始する。指定のキーワードは何を何回入れたかまできちんとチェックしてくれる。で、その指定の回数だけキーワードを入れてないと作業完了のボタンが押せないから、どっか間違えてる? とすぐわかる。

 

ところがクラウドワークスにはそれがない。だから、同じことをしようと思ったら、クライアントが自分たちで作ったエクセルファイルをダウンロードして膨大な量のレギュレーションシート(その記事における文章の決まり事みたいなやつ)を読み込んで、チェックも自分でやってととにかくめんどくさい。

 

これなら20%手数料で引かれててもその分スムーズに仕事ができるランサーズのほうがいいのでは? と思う。

 

仕事の履歴でも差が

自分がどんな仕事をやって、どのくらいの収入が見込めるのか? というのもランサーズはとっても確認しやすい。全部一目でわかるようになっている。どの仕事をいつやってどの仕事が承認されたのか、入金されたのかがすぐにわかる。

 

一方でクラウドワークスはなんか見にくい。というか未だに見方がわからない……というか全体的にわかりにくいし探しにくい。

 

つまりそういうことかあ……。

 

ランサーズには多分腕のいいプログラマーだかシステム管理者、デザイナーが揃っていて圧倒的に仕事がしやすいレイアウトが提供されている。

 

一方でクラウドワークスは正直使いにくい。私が漠然と感じていたデザインの差とか、クラウドワークスはめんどくさい仕事が多い。という感想は全然間違いじゃなかった。

クラウドワークスのシステムが対応していないからめんどくさくせざるを得ないのだ。

 

だからランサーズはタスクに対して20%もの高い手数料を据え置きにしている。クラウドワークスに変えたいならどうぞ? どうせすぐに戻ってくると思うけど。と開き直っている。

 

私がそういう出戻り組だからよくわかる

 

とはいっても普通にただ文章を書くだけのお仕事ならクラウドワークスでも十分できるし、その場合手数料なしというのはとっても魅力だ。

だから、自分なりの使い分けを見つけて上手にランサーズとクラウドワークスを使い分けていくのが大切だと思う。

 

なにかいい使い分けの方法があったら私もこのテーマで続きを書くので、皆さんも耳寄りな情報があったら教えてくださいね。

 

 

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlsite.com