無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

会社を辞めたい人へ ~私の経験した世界一無駄な飲み会の話~

f:id:yukiminote63:20160906120518p:plain

飲み会ってなんだろう?

新入社員にとって避けて通ることができないのが、飲み会です。

私は不思議でならない。なぜ飲み会をやるのか。まあ理屈はわかる。新入社員と先輩社員の親睦を深めるため。と言われればそうなのかもしれないけど……。

それならその飲み会、勤務時間でやってほしい。

 

「飲み会に残業代は出ないんですか?」という社員の話がたまーに話題になったりするけれど、それは至極まっとうな意見だと私は思う。

だって時間外で参加がほぼ強制される上にお金まで払わされるんだよ?

なんで勤務時間外で拘束されにゃならんのだ。

 

 一緒にご飯を食べる。遊びに行く。そういうのは本来、「仲のいい人」とやるもんであって「仲良くなるために」やるのはちょっと違う気がするのです。

 

そして何が嫌って私は別に酒が好きじゃない!

仲のいい人と飲むのは全然いいけど、別に酒自体がおいしいとは思わないんだから、

仲良くもない会社の人+好きでもないお酒+自腹=嫌い

となる。

もちろんお酒が好きな人、飲み会の雰囲気が好きな人、職場の人と仲良くなれるとプラスに考える人はたくさんいるし、それはいいことで素晴らしいことだと思う。

でも、もしあなたが飲み会を嫌だって思うのなら、それは変なことじゃないから安心して。そして、苦痛に感じるんだったら理由をつけて断っちゃえ!

 

最近はまともな会社なら飲み会についてのコンプライアンスもきっちりしています。

飲酒運転は絶対ダメ! 飲めないという人に飲ませるのも絶対ダメ! 強制参加はダメ!

これらのことは、実態はどうかとしても、建前上当たり前になっているし、あなたが飲み会をいつも理由をつけて断っていれば、多少の陰口は叩かれても、この人は飲み会嫌いなんだなで済む話。

だんだん周りもわかってくれます。

価値観は人それぞれなんだから、飲み会を楽しめない自分がダメなんだとは思わないでくださいね。

 

私の経験した世界一無駄な飲み会

さあ、では飲み会のお話ついでに私の経験した世界一無駄な飲み会について話しておきましょう。これは私が「会社辞めたい」から本格的に「会社辞めよう!」と思うに至った転機の話でもあります。

 

私はある日、お仕事で会社の偉い人と一緒に地方へ出張に行っていました。そして夜には二人だけの飲み会があったのです。めんどくせえなあと思ったけど、まあしゃあねえか。お腹も空いてるし。ということで付いていったのさ。

その人はその昔、かなりやり手の営業マンだったらしく、本人曰く「本社より北のエリアは全部自分が基盤をつくった」とのこと。

で、最近の若者は常識が足りなくて、世界を知らなくて、その人は世界を知っていてなんかすごい。

 

という話を三時間ループされた。

 

三時間だよ三時間。私はそのころゲーム制作も佳境に入っていたし、本当なら出張先にもパソコン持ち込んで作業したいくらいだった。そのうちの三時間を延々若者批判と自慢話に費やされた。

ちなみに若者はダメだっていう意見に同意すると「そんなこと言ってちゃダメだよ?」と言われる。笑って相槌を返すと「笑ってる場合じゃないよ?」と言われる。

もうめんどくさいから、どうでもいいやと思って真顔でひたすら適当な返事を返していた。

私はそのときに色々考えたんだよね。

 

彼らの言う常識ってなんだろうか。

彼らの言う世界って何だろうか。

 

常識を語る人間が口にものを入れたままご飯粒を飛ばしながら喋って、舐め箸して若者批判。

あなたの言う世界って、世界じゃなくて会社のことでしょ?

 

そっかあ、会社に長くいると会社が世界だと思うのかあ……。それはちょっとやだなあ。なんて

そんな下らないことを色々考えたのです。

 

そんなこともあって私は会社を辞める決意を固め、一念発起、色々な情報を本格的に集め始めたのでした。そして会社を辞めた今、私の世界は会社ですらなく、自分の部屋と近くのスーパー、そしてサイゼリアだけです!

どっちがいいのか、正しいのか、それは正直私にもわかりません。でもまあ、少なくとも私は今、「私にとっては」自分の決断が正しかったと思っています。

 

この飲み会を通して私が学んだ事は、私は社会人に向いていないし、会社が世界のすべてだとも思えないということ。皆さんがどう感じるかはわかりませんが、少なくとも私と同じような思いを抱いている人にとって、この意見がなんらかの助けになればと思います。