読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

会社を辞めたい人へ ~会社の辞め方、準備編① 辞めた後のお金の話~

f:id:yukiminote63:20160907162003j:plain

はじめに

皆さんこんにちは、日和見きなこです。

私もとうとう無職になってから二十日。これはもうプロの無職と言えるかもしれません。

今まで何度か会社の辞め方や辞めたときの話は書いてきたのですが、今回から少し体系的に会社の辞め方について書いていきたいと思います。

会社を辞めたい。でもどのくらいの期間で辞められるの? 生活に必要なお金は? 誰に相談すればいいの? などなど、会社を辞めたい! と決意してから考えることはたくさんあると思います。

まずはこの記事を読んで、会社を辞めるにはどうしたらいいか? ということを学んでいただけたらと思います。

 

目次

 

会社を辞めるにもお金がかかる?

さあ、あなたが会社を辞めるにあたってまず考えなければならないことがあります。それはお金のこと。

あなたは今色んなお金を会社に負担してもらっています。社会保険とか、あるいは住宅費なんかもあるかもしれません。仕事を辞めるのであればそれらを全部自分で払わなければいけなくなります。

そして、住むところは大丈夫ですか?

あなたの家が実家や自分で借りたアパートでなければ、会社を辞める場合、引継ぎが終わったらすぐに出ていってね。と言われることになります。

帰る家はありますか?

 

あなたがもしも会社を辞めたい! と思ったとき、今後の見通しを立てるときに考えるお金はせいぜい、一人暮らしの家賃、毎日の食費、電気ガス水道のお金くらいではないでしょうか?

ところが実際には携帯代とかインターネット代、一人暮らしのための雑貨代などなど、見落としは結構あるものです。

そして重要なのが税金。あなたが会社を辞めるとなると、今言った負担のほかに、倍額になる社会保険料、国民年金、住民税、所得税などなど、さらに引かれるお金がいっぱいあることがわかります。

しかも所得税などは前年の所得によって決まりますから、あなたは収入が減ったのに、前年度のお給料で計算された税金を納めなければなりません。

 

実は会社を辞めるにも結構お金が必要ということがわかっていただけましたか?

 

契約してすぐに住めるわけじゃないアパートの話

私は以前無職状態のままレオパレスを行って、見事に契約することができました。レオパレスは基本的に無職に対しても優しいので、あなたが20歳を超えているのであれば、保証人など無しで家を借りることができます。

しかし、レオパレスの場合清掃などの関係で契約しても実際に住めるのは一週間後。あなたが仕事を辞めた後、すぐに契約を済ませたとしても、一週間は家なき子です。

そして、私はその契約時に初期費用として二か月分の家賃+その他諸々で17万円ほどを払いました。

私の家の家賃は一か月三万円でしたから、二か月分で六万円。つまり、残りの11万円ほどが初期費用で掛かっているということです。

あなたは、会社を辞めた後それだけのお金をぽんと出す準備ができていますか?

 

結局無職の一人暮らしは月にいくら必要?

むむむ……色々言われて考えてみたけど結局のところ無職になったら一人暮らしするのにいくらのお金がかかるの?

私がなんとなーく色々なサイトで見たところ、無職の一人暮らしが一か月の間に必要なお金は、大体15万円前後でした。

とはいってもこの計算は、家賃が五万から八万円程度の場合です。私の場合は家賃が月に三万円なので、総計は10万~13万円くらい?

あれ、でも私の家賃にはネット代が含まれていますので、その分五千円くらいも引くことができます。

 

結果、最低でも10万円くらいは必要と考えたほうがいいでしょう。

 

ただし、これはあくまで生活の維持にかかるお金です。初期費用としてアパートの契約金を払ったり、家具を購入したり、食器を購入したり、引っ越したり……そういうことを考えると、会社を辞めた後の新生活のスタート費用として、20万円は見ておくべきでしょう。

 

まとめ。会社を辞めるには初期費用20万! その後月に10万ずつ!

いかがでしたでしょうか、会社を辞めた後にかかるお金の話。色々言いましたがこれは本当に最低限のお金です。私は基本的に必要なもの以外は買わないし遊びに行くこともほとんどないのですが、皆さんはどうですか? 友達と週一で飲みに行ったり、遊びに行ったり本を買ったりしませんか? 一週間に三千円も使ったら一か月で一万二千円の出費です。

お金は考えるときには少なく見積もってしまうもの。実際にはもっともっとお金がかかります。そのことを念頭に置いて、まずは会社を辞めるのに十分な貯金があるか考えてみてください。