読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職系ライターのリアルな日々~日和見きなこ~

組織に属すということにどうにも耐えられなかった私は無職になり、フリーライターになりました。そんなダメな私の毎日の記録

無職生活三十八日目~ゴキブリVSゴキブリみたいな無職~

f:id:yukiminote63:20160914213430p:plain

私はいつも通り自室でぼけーっとライターの仕事をしていた。

そして何気なく目をやった先で、何かがふっと動いた気がした。

ひょえ?

なんだ……ちまちまっと動く触覚。

黒い影。

 

ゴキブリだああああああああああああ!!!!

 

ああああああああああやばいいいいいいい

 

今私は一時的に実家に身を寄せている。そして自室で仕事をしているわけなのだが、私の部屋はもともと物置だし、大学時代に使っていた書物などがばったばったと積まれているので隠れる場所もいっぱい。

こういうことはたまにある。

 

そして我に返った私が手にしたのはゴミ箱。

幸いゴキブリは壁際をしょろしょろ歩いてる。進行方向の障害物を取り除き、隠れるスペースをなくす。

そして、無職の先制攻撃!

 

秘儀! ゴミ箱かぶせ!

(この技はゴキブリに対し上からゴミ箱をかぶせることで隔離、そして後からその中にガス室よろしく殺虫剤をぶちまけ確実にゴキブリの息の根を止める恐ろしい技である)

 

が、ミス!

 

と思ったら半身引っかかったらしく、ゴキブリの歩行速度が落ちる!

よ、よし次は行ける! あくまで平静を装い心を落ち着けながら第二撃!

完璧に捉えた!

 

ゴキブリは完全にゴミ箱の中じゃ。カサカサ動き回っていて気持ち悪いがそれ以上の行動はできない、勝った。

無職の勝利である、と思ったら

 

ゴミ箱から抜けとるやないけ!!!!

 

実はこのゴミ箱、鉄の網みたいなものを合わせて作ってあるもので、昔私が足置きにしてたら見事にひしゃげた。

ある程度形は戻っているしでっかく開いてる口の部分は普通に平坦みたいに見えたんだが、どうやら違ったらしい。

 

やばい、捕まえても捕まえてもゴキブリはするする逃げてく。これはどうしようもない。ていうか殺虫剤取りに行く暇もない!

 

するとゴキブリは鈍った足でカサカサ移動、私から丸見えの机の下で動きを止めた。

 

これは、チャンス……。

この機動力なら遠くには行けまい。幸い机の下には隠れられる場所もない。この隙に台所の殺虫剤を取りに行けば、この弱ったゴキブリをやっつけることなど容易い……。

 

台所にダッシュ! 殺虫剤は勝手口の近くに大体置いてある!

今日はない!

じゃあ冬に使ったストーブのあたり!

ない!

電話の近く!

ない!

 

ないやないか!!!!

 

やべえ、やべえよこうしている間にもゴキブリ移動してるかもしれないし、と一度様子を見に行くことに。

まだいる……セーフ。こりゃしばらく動かんな。

 

そう思って落ち着いて殺虫剤を探しに行くことに。

台所にない。広間にもない。玄関にもない。

ううう……しゃあないので、既に寝ているこの家の主、ビッググランドマザーに協力を仰ぐ。

 

「あの、おばあさま。殺虫剤の場所をご存じないでしょうか……」

「ああ、あそこに……」

 

と言って起き上がるグランドマザー。申し訳ねっす、へへへっ。と付いてく私。

台所に行って、勝手口のあたりを見て、そこにはなかったんだよな。

と思ったら何故かそこから外に出て、外から殺虫剤を

 

ってなんで外にあんねーーーーん!!!!

 

一体なんの意図があってそこ!?

ま、まあいいや、もうとにかく殺虫剤は手に入れたんだし、これでゴキブリの息の根を……部屋に戻る!

 

おらんやないかーーーい!!!!

 

もたもたしてる間にどっか行ったわ! そりゃ行くわ!

もうしょうがないから、とりあえず行きそうなところに殺虫剤を撒くも反応なし。

うーむ……どうしよう。

 

殺虫剤片手に部屋の中を徘徊する私。

ゴキブリーゴキブリー。

ふっと見慣れた自分のパソコンの横に目をやる。

そこにあるのは細長い缶。

彼の名はキンチョール。

この部屋に出てきた幾多のゴキブリたちをゴミ箱たちとともに葬ってきた――

 

って殺虫剤あるやないかああああああああい!!!!

 

わざわざ殺虫剤探しに行ったりしてたけど、いつも使ってるパソコンの10cm横にあったよ! なんなら記事書きながらでも常に視界に入ってたはずの位置だよ!

なんで気づかなかった私!

アホか、アホすぎるわ!

 

結局手負いのゴキブリは見つからず……卵パージされてたらどうしようとめっちゃビビってます。

皆さんもゴキブリが出たときに慌てないように普段から殺虫剤の置き場所は決めておこうね……。

 

そんな一日、日和見きなこ……。